【逗子景勝十選】京急新逗子駅南口から歩いてすぐ、風情ある朱塗りの仲町橋に「田越川の桜(と柳)」が映える

 

まだ4月に入ったばかりだというのに、もう桜が散り始めています。

逗子の桜も満開のピークを超え、早くも葉桜になろうとしています。

今回ご紹介するのは、田越側沿いの桜並木です。逗子では桜の名所として知られています。

この辺りの風景は逗子景勝十選に選ばれていて、仲町橋(なかちょうばし)付近はとりわけ美しい場所です。

行き方は簡単。京急新逗子駅の南口を東側へ出てすぐです。

遠方にかすかに見える赤い橋が仲町橋です。徒歩1分もかかりません。

2018年は4月3日現在、ご覧の通りの咲き具合です。

花に近寄れば綺麗に見えますが、全体的には葉のせいで緑がかってきています。

田越川に水が張ってかつ風がない状態ならば、水面に反射する風景がまた素晴らしかろうと想像するのですが。

当日は風が強く、花びらが乱舞する様子は、桜の季節の終わりを告げているようでした。

2018年、世間では入学式前に記念写真を撮り終えた人が続出しているそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です