バングラディシュ人の職人が蕎麦を打つ逗子駅裏の「石臼そば」へ行ってみた

 

今回は、知る人ぞ知る逗子のお蕎麦屋さんをご紹介します。
バングラディシュ人の職人さん、ムハンマド・チョウドリさんがやっているお店です。

外国人のご主人とあって、わりとよくメディアに出ているようです。
一説には、成田空港で配布されている外国人用のガイドブックに紹介されているとも聞いたことがあります。
最近も、NHK WORLDのオンデマンド番組「Japan-easy II」に出演されていました(#11「How long will it take?」)。

良い機会なので、「石臼そば」を訪ねてみることに。
このお蕎麦屋さん、実はよく以前から知っていたのですが、まさかそんな有名なお店と知ったのはついこの間でした。

この通り、JR逗子駅の間近にお店は位置しています。
ただし、栄えていない北側の西口付近にあるので、立地としては地味めな所です。駅前というより駅裏といった方がしっくりきます。

こちらが店前の様子です。ドアの丸窓が特徴的なので、すぐに分かります。
営業時間は11:00〜22:00です。ランチと夜の間に休みがないので、お客としては助かります。

店内にはテーブル席が二つでした。
思ったより狭く感じましたが、2階席もあるそうです。

日本に来て30年以上ということで、見た目は外国人ですがもはや日本人と変わりないくらいの口調でした。
常連さんとの他愛ない会話がやたら逗子に根付いた内容で、思えば私なんかよりよっぽど逗子の先輩であることを思い知らされました。

まず運ばれて来たのは、盛りそば(724円)です。
初入店なので、オーソドックスなメニューから注文しました。

セットメニューもあります。しらす丼と合わせて1,100円です。
お茶と蕎麦湯も付けてくれました。

テーブル席の隣にはガラス張り小部屋があって、蕎麦の実がセットされた石臼が置いてありました。
そして振り向くと、著名人のサイン色紙が。加山雄三と左は、細川茂樹かな?高橋克典のも見せてくれました。

何かと話題性が飛び交う「石臼そば」ですが、人気の理由は蕎麦打ちの腕があってこそです。
また、地域に愛されているお店であることも然りです。以上、現場からでした。

石臼そば
ジャンル:そば
アクセス:JR横須賀線逗子駅西口 徒歩1分
住所:〒249-0002 神奈川県逗子市山の根1-1-31(地図
周辺のお店のネット予約:
焼きしゃぶ くろだるまのコース一覧
ブラッスリー・シェ・アキのコース一覧
ビーブルーのコース一覧
周辺のお店:ぐるなびぐるなび 逗子×そば
情報掲載日:2017年9月6日

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です