知る人ぞ知る逗子の隠れ家的古本屋「古本イサド ととら堂」の品揃えがスゴい!

 

逗子にユニークな古本屋さんがあるのをご存知ですか?

今回は「古本イサド ととら堂」をご紹介します。

IMG_0437

すっかり町に馴染んで見えますが、2012年開業の比較的新しいお店です。

にも関わらず、取り扱うジャンルの幅広さと品ぞろえは、本好きを唸らせること必至です。

「ととら堂」は銀座通り沿いにありますが、素通りしてしまいそうな場所に佇んでいます。

駅方面から来るなら、おもちゃの「のんきや」を過ぎた辺りから左側を気にしましょう。コインパーキングの奥の方に見える看板を目印にして細道を進んで下さい。

IMG_0438

こちらが入口です。

普通の民家ですが、靴は脱がなくて大丈夫です。

IMG_0439

玄関前に大量の雑誌が並んでいます。『BRUTUS』とか『Pen』とか様々です。

中が見れないのが残念。。。

IMG_0440

こちら、入口からの眺めです。

毎回、ここに立つだけでワクワクした気持ちになります。BGMも素敵です。

IMG_0458

まず目に飛び込んできたのは、宮沢賢治の関連本。

そういえば、古本イサドの「イサド」って賢治の造語でしたよね。店主さんがきっと賢治好きなのでしょう。

IMG_0444

ケルト音楽が好きな私は、こちらの本棚がそそりました。

気のせいかもしれませんが、来店するといつもケルト風のBGMがかかっていて、いつだか店主さんにとあるグループを教えてもらったこともありました。

IMG_0447

岩波文庫や講談社学術文庫の品ぞろえがハンパないです。下手したら普通の書店以上ですね。

特に岩波文庫は青色だけでなく、緑やグレーも充実しています。

IMG_0448

古代文明に興味のある私には、こちらのコーナーも魅力的です。

インカ帝国やらアマゾンやら色々あります。

IMG_0451

こちらは三島由紀夫コーナーです。

昔の新聞まで販売されていました。

IMG_0452

アメリカ関連の本棚もあります。

この隣にはヘミングウェイの本が並んでいました。

IMG_0454

こちらはシネマ関連です。

これは好きな人にとってはたまらんでしょうね。

IMG_0455

絵本もばっちり揃っています。

子供の頃に読んだ本を見つけて、懐かしい気持ちになりました。

IMG_0457

学術系あり絵本ありで、今度はこんな本を見つけました。時には性について思索するのも興味深いことでしょう。

というわけで、子供から大人まで楽しめる逗子の古本屋さん「ととら堂」でした。

他にも様々な分野の書籍が並んでいて、訪れるだけで素敵な時間を過ごせます。

奥には展示スペースがあり、時々展示をやっています。

興味のある方はHPをチェックしてみて下さい。

古本イサドととら堂HP
ととら堂Facebook

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です