2019年の逗子海岸花火大会、例年時期に開催せず、今後の開催は検討中

逗子の初夏の風物詩、逗子海岸花火大会のニュースです。

今年、2019年は例年時期の開催が見送られています。だいたい毎年5月下旬から6月初めに行われるのが通例でした。

2018年に設けられた有料観覧席

今年も市からの補助金が出ないそうです。昨年は実行委員会が主導して集めた寄付金をもとになんとか開催できました。

資金問題に加えて、今年は改元や相次ぐ選挙、ラグビーW杯などを控えており、警備面での協力交渉が進んでいないのだとか。

葉山港から出航する台船

また、葉山港の修復工事の影響もあると聞いています。台船を係留する港が使えなければ、致命的ですよね。

逗子観光協会によると、「今後の開催については、現在検討中」とのこと。

吉報を待ちましょう!

関連サイト:
逗子観光協会
逗子葉山経済新聞

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください