名物大女将で知られる葉山の蕎麦処「鰹」で蕎麦と海鮮料理に舌鼓を打つ

今回のグルメリポートは葉山の一色からです。

評判の蕎麦処があると聞いてやって参りました。

一色の蕎麦処「鰹」

有名店の「鰹(かつお)」です。恥ずかしながら初めて知りました。

一色にはそれなりの土地勘があったつもりでいたのですが。

酒には蕎麦のおつまみが付く

何はともあれ、まずは瓶ビールと熱燗で乾杯。

聞く所によると、名物の大女将がいらっしゃるそうな。

あん肝豆腐

最初に頼んだのは、あんきもどうふ(620円)

あん肝が豆腐に練りこんであります。酒のつまみにぴったりです。

焼き味噌

続いて、焼き味噌(540円)

おこげが付いた味噌があられの食感と合わさっていい感じでした。

だし巻き玉子

こちらは、だし巻き玉子(850円)

ん、なんか部屋の外から大きなオーラを感じるぞ???

揚げ茄子ポン酢

揚げ茄子ポン酢(540円)を食べていた頃だったでしょうか。

お待ちかね、例の大女将が顔を出してくれました。

天然地魚刺身盛り合わせ

豪勢な天然地魚刺身盛り合わせ(3,600円)は金目鯛とムツ、イサキ。加えてサザエとマグロが散りばめられています。

それに90歳オーバーという大女将のご健在なこと!江戸言葉が混じったきっぷの良いしゃべりに圧倒されましたです、はい。

天然地魚おまかせにぎり

天然地魚おまかせにぎり(2,500円)は十貫のはずですが。今見ると、あれれ。

大女将のトークに夢中だったので、マグロがすごく甘かったことしか覚えていません。

ざる蕎麦

もちろん、蕎麦も頂きましたよ。

そば湯の蕎麦の溶け具合がもうたまらんかったです。

わらび入りのぜんざい

しまいには、メニューにないデザートが運ばれて来て。

ご主人の手作りぜんざい、美味しく頂きました。

後で気づいたことですが、大女将の粋な計らいが行き届いていたようです。

大変恐れ入りました!こりゃまた来ないといけませんな。

「葉山大道」交差点側から来る場合は、「ブレドール」を目印にするといいかもしれません。

「一色住宅」バス停との間にある路地を入っていく感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください