今週の畑 スイカの接ぎ木苗を定植

 

種まき・定植から1ヶ月が過ぎようとしている畑。

最近は逗子でも日差しが強くなってきましたが、早くも序盤にて作物の明暗が分かれました。

というのも、ウリ科の畝が壊滅していたのです。キュウリは全部。ゴーヤは半分以上枯れてしまいました。

今年は種からポットで育てていたのですが、畑への定植が早かったのかもしれません。

一方で、インゲンは無事に発芽し、力強く育っています。

こちらは畑への直播きで育てましたが、発芽率もなかなかです。

ジャガイモも良いです。自宅のプランターから植え替えた種イモが、すっかり根付きました。

手前の畝からは、ニンジンが発芽しています。

右側はナス科、左側はコーンの畝です。今週はトマト用の添え木を組みました。

コーンは順調に発芽、トマトは何株か枯れていたので、育ちの良いものを自宅のポットから植え替えています。

苗から育てているトマトは成長が早いです。もう花を咲かせていました。

これはフルティカという品種です。隣には、イエローアイコの苗も追加しています。

追加といえば、スイカの接ぎ木苗を植えました。

紅大という大玉スイカです。苗の下には耐熱用のワラを敷いておきました。

やはり、トマトやキュウリを種から育てるのは簡単ではありませんね。

G.Wはメイストリームが通過するようですから、ちょっと心配です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です