逗子海岸のフォトジェニックなイベント、逗子海岸映画祭〜Zushi Beach Film Festival〜

いよいよ待ちに待ったG.W.が始まりました。

逗子海岸では「第10回逗子海岸映画祭」の真っ最中です。

映画祭の巨大スクリーン

逗子海岸をバックにして巨大スクリーンで観る映画は圧巻ですよ。

チョイスする映画作品のセンスにも素晴らしいものがあります。

黒板のイラストが毎日変わる

映画祭3日目はインドデー。上映作品は『バジュランギおじさんと、小さな迷子』です。

インド映画に馴染みのない方でも十分楽しめる作品です。

BLUE MOONのブース

入場料は一般1,500円。逗子市民なら500円です。*要身分証

ちなみに、飲食物は会場内で購入するのがルールです。

会場内の様子

下は砂浜なので雨で濡れてない限りはそのまま座れますが、シートを持ち込む人が大半です。席を離れた時に場所がなくなる恐れがあるからです。

背の低いローチェアなんかがあると、他のお客さんの視界を遮らずに快適に過ごせます。

RADIO CARAVANのブース

しかしまあ、どこを見てもフォトジェニックな風景ばかりです。

インスタ女子にとっては、絶好のフォトスポットでしょう。

ちゃんと乗れます

今年も例のメリーゴーランドが置いてありました。

夜、映画の最中は海岸がとても冷え込みますので、防寒着を絶対に忘れないで下さい。

関連記事:
【更新版】2019年の「逗子海岸映画祭」の公開スケジュールが熱い、今年は10周年記念
GWは逗子海岸へ!「第10回逗子海岸映画祭」2019年のオープニング上映作品は『ダージリン急行』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください