ただいま小坪漁港の防波堤が修復工事中、テトラポッドの赤ちゃんが大量に生まれていた

 

現在、小坪漁港では防波堤の修復工事が行われています。

漁業組合事務所付近を通りかかった時に見た、工事現場の風景が興味深かったので記事にしました。

こちら、製造中のテトラポッド(消波ブロック)です。

考えてみれば当たり前かもしれませんが、出来合いのテトラを運び込むわけではないのですね。

現場で型枠を組み立てて、セメントを流し込んだと見えます。

型を外してバリを削る工程にたまたま立ち会えました。まさに、生まれたてほやほやのテトラポッドたちです。

完成したテトラポッドはナンバーを印字された後、クレーンを使って所定の場所へ移されます。

昔のと違って、今のテトラポッドは表面がつるつるしているのですね。フジツボがつきにくいとか、そういう加工があったりして?

引き上げるクレーンはかなり巨大なので、遠くからでも目立ちます。

右側が誕生を待つテトラポッドたちで、できたものから左側へ運ばれているところでした。

で、最後は海沿いに整列させるようです。みなさんお行儀よく並んでいました。

1個2トンはしそうなサイズですが、ここからどうやって海上へ運ぶのでしょうか?

2017年10月現在、小坪防波堤のテトラポッドはこのような状態です。

工事が終わるのは、来年春頃の予定だとか。生まれ変わった姿を見るのが楽しみです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です